京都・亀岡「京FUJIHARUカレー」

食・グルメ

JR並河駅から、徒歩10分ほどのところにある「京FUJIHARUカレー」は、2020年12月にオープンしたカレーショップ。

同店は、亀岡市内で電子部品の検査・組立を行う『株式会社 藤大(ふじはる)』が母体。藤大で働く仲間とともに、新しい事業や働ける場所をつくりたいとスタートさせました。

店内は、テーブル席がメインで、奥に半個室のスペースもあります。白壁に描かれたカラフルなイラストやロゴは、スタッフのお手製。藤大の従業員も手伝い完成させたそうです。

プレーンカレー680円

カレーは、プレーンカレー、ビーフカレー、カツカレーに海老フライカレーもあります。ルーはサラサラのスパイスカレーでなく、馴染みの深い欧州カレー。誰もがおいしいと思える”家庭のカレー”を目指したそうで、ルーを使わずスパイスを組み合わせて作られています。

辛さは、ちょい辛・やや辛・ほん辛から選択可能。私はやや辛にしたが、程よい辛さで食べやすかったです。調節ができるので、辛いのが好きな人も、辛さが苦手な人も無理なく味わえます。スパイスの辛さがしっかりしていますが、玉ねぎの甘さが優しく効いていて、食後は軽やかでした。

カレーにつくピクルス

カレーには手作りのピクルスがつきます。酸味は控えめでサラダのような味わい。カレーに使われる野菜もですが、できる限り亀岡のものを使い、地産地消を心がけているそう。

2019年オープン時のカツカレー1,300円

画像は、2019年のオープン日に訪問した時のカツカレー。カツだけでなく、野菜がたっぷり乗っているのが魅力的。カツカレーは遅い時間だと完売するので、食べたい時は早めに来店してください。

レモンスカッシュ400円

メニューはカレー以外に、スイーツやドリンクメニューもあります。15:00〜17:30はカフェタイムとして営業しているので、お茶をしに来店してもOK。

従業員のために始まった京FUJIHARUカレーですが、コミュニティースペースとして地域活性化を担っていきたいといいます。カレーを軸に地域がつながり、まろやかに賑わい盛り上がることを願っています!

information

京都府亀岡市大井町並河3-8-22
0771-20-6383
ランチタイム:11:00-15:00(14:30 L.O)
カフェタイム:15:00-17:30(17:00 L.O)
月曜日定休
JR並河駅より徒歩約10分
https://www.fujiharu-kyoto.jp/curry/

この記事を書いた人
中の人

南丹地域が好きな、京都市内に住むアラフィフ主婦。よそ者が感じる南丹の魅力を発信します。初心者ですがよろしくお願いします。

中の人をフォローする
食・グルメ
シェアする
中の人をフォローする
南丹ガール | 女子がきらきら輝くライフスタイルメディア
タイトルとURLをコピーしました