京都・亀岡「no-mu cafe & hotel」

おでかけ

2020年12月、亀岡に「no-mu cafe & hotel」がオープンしました。JR並河駅から歩いて10分ほどのところにあり、築100年の古民家をセルフリノベーションした建物で営業。以前からイベントやワークショップで使われていましたが、カフェとして本格的に始動しました。

京都新聞の記事によると『海外のアーティストやシェフ、研究者らが一定期間滞在して作品などをつくる「アーティスト・イン・レジデンス」の事業や宿泊業に活用してきた。しかし、コロナの影響で海外からの客足が遠のいたので、持続性に目を向け、地域の人たちのコミュニティースペースとして活用させようとカフェを開業した』とのこと。

玄関入ってすぐのところに、カウンターとウェイティングスペース。靴を脱いで上がると右手にキッチンと6人ほど座れる大きなテーブルがあり、左にスペースが続きます。

ワンフロアにリノベされており広々していて、奥の窓からは光が差し込み明るい。

大テーブルの横には、メニューにあるコーヒー豆などが販売されています。コーヒー豆は左京区にある「珈琲焙煎所 旅の音」のオリジナルブレンドで、メニューも含め旅の音の代表・北辺さんが監修しているそうです。

オープン早々メディアで紹介されたこともあり連日満席で、ランチのカレーは完売が続いているようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuchi Kitabe 北辺 佑智(@kitabett)がシェアした投稿

今回は3名で、ランチが終わった14時すぎに訪問。入ってすぐの大テーブルのみ空いており、そこに通されました。

14時以降はランチはなく、ドリンクや軽食から注文します。私は「季節野菜のカンパーニュオープンサンド」、同行者は「オリジナルもなか3種セット」「季節のモンブラン」をそれぞれオーダー。キッチンが小さいからかオペレーションがうまく回っていないからか理由はわかりませんが、提供に時間がかかっていたのが気になりました…。

オープンサンドには「薪窯で丁寧に焼かれた香ばしいカンパーニュ」が使われています。ほどよい硬さで、噛めば噛むほど小麦味が染み出てくるカンパーニュでめちゃくちゃおいしい。調べると兵庫の「薪火野」のもので、どうりでおいしいはず!京都で薪火野のパンが食べられるところはほぼないので、貴重な存在です。

地元野菜がたっぷり乗せられ、白味噌ペーストで味付け。カラフルでおしゃれで、食欲が掻き立てられます。野菜がみずみずしくそのままでおいしいですが、ほんのり甘い白味噌ペーストが、旨さを引き出しています。隠し味?にレモンが入っていて、甘さと酸味のバランスが絶妙。家でもレモンをこうして使えばいいのか…新たなヒントをもらいました!

連れが注文した、もなかとモンブランも味見しました。もなかは、国産小麦を使用したあんに、フルーツやナッツ、スパイスが組み合わされていて個性的。3種セットは4種から好きなものが選べるので、木苺・珈琲・檸檬をチョイス。

ひと目でどの味かわかるようになっていてよいし、手がこんでいてセンスがあります。ベリーも珈琲も、あんの奥にさりげなく素材の味がわかる程度で控えめでしたが、レモンはしっかりレモン味が感じられました。個人的にはレモンが一番好きかな。皮もサクサクでおいしかったです。なお、もなかの提供は14時以降なので、注文の際は気をつけてください。

モンブランは「たっぷり絞ったマロンペーストの中に、季節のフルーツコンポートとクリームチーズを忍ばせました。フルーツの爽やかさともなかのパリパリした触感が新しいモンブランです」と説明書きがありました。

今流行のパリパリ系で、ビジュアルも映える。モンブランらしい甘さとベリー系の甘酸っぱさがよかったです。

今回は混み合っていてざわざわしていましたが、落ち着いた空間でのんびりすごせてよかったです。今は話題性でお客が多いと思いますが、今後どのように変化するか楽しみ。新たなコニュニティーとして、地域とどのようにかかわり育っていくのか。時々訪れて確かめたいと思います。

information

京都府亀岡市大井町並河2丁目37-8
ランチ:11〜14:00(L.O. 13:30)
カフェ:14〜17:00(L.O. 16:30)
不定休(SNSにて告知)
https://www.facebook.com/art.nomu/

この記事を書いた人
中の人

南丹地域が好きな、京都市内に住むアラフィフ主婦。よそ者が感じる南丹の魅力を発信します。初心者ですがよろしくお願いします。

中の人をフォローする
おでかけ食・グルメ
シェアする
中の人をフォローする
南丹ガール | 女子がきらきら輝くライフスタイルメディア
タイトルとURLをコピーしました