レジャー感覚でゴミ問題を考える「かめおか保津川エコna川下り」

体験レポ

保津川下りでゴミについて考える!?「かめおか保津川エコna川下り」に行ってきました。


4/10〜6/20の期間限定で、保津川下りをしながら、途中で着岸、上陸し、漂着したごみの状況を体感できる企画。「レジ袋禁止条例」を施行した亀岡市ならではの取り組みで「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」の趣旨にもとづき開催されています。

乗船前に先立ち
・10年ほど前からゴミが目立つ
・ゴミは地域の小さな川〜支流〜本流〜海へと流れる
・調査の結果ゴミは嵐山から1か月後に大阪湾へ流れ着くことがわかった
・日本側海岸のごみの80%以上は日本から出たもの、しかも内陸の川から
などの事前説明がありました。

説明後順に乗船し川下りスタート。聞いた内容を踏まえ眺めているとあちこちにゴミが漂流しています。利用日はあいにくの雨で着岸も上陸もできませんでしたが、ごみの現状を目の当たりにしました。嵐山に到着するまで1時間半から2時間。有意義な時間がすごせました。

環境への意識を高める真面目なイベントですが、船頭さんはギャクで笑わせてくれるし、風景に癒やされるし、気楽に楽しめました。通常4,100円のところ、2,000円で乗船できてオトクですし、おみやげにパティスリーペルル の「小さな保津川の世界」がもらえるのもおすすめポイント!

保津川の水、魚、石、土を、クッキー、チョコレート、メレンゲで表現した、焼き菓子詰め合わせボトルで、保津川の世界がコンパクトに収められています。食感や味も変化があって食べ飽きないし、どれもおいしい。リユースできるよう瓶に詰められ、プラゴミは一切出ないよう、環境に配慮して作られています。
同品はエコna川下りオリジナルで、手に入るのは参加者のみ。クオリティーが高いので、お菓子のためだけに乗っても値打ちあるぐらいです。

開催は6/20まで。レジャー感覚で楽しめるので、たくさんの人に体験してほしいです!

Information

開催期間:2021年4月10日〜6月20日 ※除外日(4月29日〜5月5日)
運航時間:10:00〜13:00 (集合・9:30)
料金:2,000円(小学生以上)※小学生の方は保護者同伴
定員:17名(最小催行人数6名)※2隻運行時、定員34名
予約・問い合わせ:電話・0771-22-5846、または保津川下りホームページ予約カレンダーより

この記事を書いた人
中の人

南丹地域が好きな、京都市内に住むアラフィフ主婦。よそ者が感じる南丹の魅力を発信します。初心者ですがよろしくお願いします。

中の人をフォローする
体験レポ
シェアする
中の人をフォローする
南丹ガール | 女子がきらきら輝くライフスタイルメディア
タイトルとURLをコピーしました